空き家でも火災保険は必要?加入の条件や注意点をご紹介

空き家でも火災保険は必要?加入の条件や注意点をご紹介

一般的な住宅は、万が一火災が起きた場合に備えて火災保険に加入します。
では、誰も住んでおらず、場合によってはガス契約も解約しているような空き家であっても火災保険は必要なのでしょうか。
今回は、上記の疑問にお答えするとともに、空き家が火災保険に加入するための条件や注意点についてご紹介します。

空き家に火災保険は必要なのか

誰も住んでおらず、ガス契約もしていない空き家でも火災のリスクは存在します。
電気が通っていればショートして火災が発生する可能性や、煙草のポイ捨てや放火などの危険性が考えられるためです。
空き家であっても、燃えてしまっても被害が出ないと思われがちですが、実際には被害が発生した場合、残存物の片付けは所有者の責任となります。
また、誰もいないため火災に気付くのが遅れ、周辺の住宅に被害が及ぶ可能性もあります。
このようなリスクに備えて、空き家でも火災保険が必要です。

▼この記事も読まれています
住宅ローンのダブルフラットとは?メリット・デメリットをご紹介

空き家の状態で火災保険に加入するための条件

通常の住宅に住んでいる場合、「住宅物件」として火災保険に加入することができます。
しかし、誰も住んでいない空き家は住宅物件の要件を満たさないため、この条件では火災保険に加入することができません。
代わりに、店舗や事務所と同じく「一般物件」として火災保険に加入できる保険会社もあります。
将来的に誰かが住む予定がある場合や、別荘として利用する予定がある場合は、住宅物件として扱われる可能性があります。
ただし、一般物件として火災保険に加入する場合、地震保険には加入できないことがありますので、注意が必要です。

▼この記事も読まれています
マンション売却後の確定申告は必要?流れなども解説

空き家の火災保険における注意点

空き家の火災保険における注意点は、相続前からの保険を継続できない場合があります。
故人が加入していたのが住宅物件用の火災保険であり、相続後に誰も住まなくなった場合、保険の継続が難しいことがあります。
また、空き家が放置されており、状態が劣化している場合などは、保険に加入できない可能性が高いです。
保険会社によって、空き家の保険に対する基準や条件は異なるため、できる限り良好な状態を保つことが重要です。
さらに、一般物件用の火災保険に加入した場合、通常の住宅物件用の保険よりも保険料が高くなることが多いですので、その点も考慮しておく必要があります。

▼この記事も読まれています
相続における寄与分とは?要件や特別寄与料について解説!

まとめ

空き家でも火災が起きる可能性があり、火災が発生したあとの出費を抑えるには火災保険が必要です。
ただし、空き家の場合は住宅物件の火災保険に加入できない場合が多く、一般物件用の保険に加入することになります。
空き家の状態によっては保険に加入できない可能性があるため、相続した時点で放置せずに状態を確認することをおすすめします。
志木市売買物件など不動産情報をお探しならLIXIL不動産ショップ MK不動産株式会社がサポートいたします。
不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。


前へ 「非線引き区域とは?土地購入するメリットや一戸建ての建築可否をご紹介!」

記事一覧

「志木駅の駅ビル『EQUIA』の店舗【エキア志木】をご紹介」 次へ