不動産売却における無料査定とは?よくあるトラブルや回避方法を解説!

不動産売却における無料査定とは?よくあるトラブルや回避方法を解説!

不動産売却を成功させるには、不動産会社に適切な査定額を提示してもらう必要があります。
とくに無料査定は仕組みをよく知らないと、騙されてしまう可能性があるので注意が必要です。
そこで今回は、不動産売却の無料査定でよくあるトラブルや回避方法を解説します。

不動産売却における無料査定とは

不動産売却を初めておこなう方のなかには、無料査定に不安を抱いている方もいるはずです。
「大金を取られてしまうのではないか」「サービスが手抜きではないか」と心配な声も寄せられますが、基本的に不動産査定はもともと無料でおこなわれています。
不動産会社にとって査定は営業の一環であり、利益となる仲介手数料を得るために媒介契約を結ぶのが一般的です。
つまり、売却を検討している売主と接点を持つために、無料で不動産査定をおこないます。
無料査定とよく似たものに不動産鑑定士がおこなう有料の不動産鑑定がありますが、これらは詳細なデータに基づいておこなわれるため、結果の精度が高くなるのが特徴です。
しかし、不動産鑑定は遺産分割・法人間の不動産取引・裁判所への提出など、公的な査定結果が必要なときに依頼します。
結果が出るまでに時間もかかるので、売却のためであれば無料の不動産査定を受けるほうが良いでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却における競売とは?デメリットや流れを解説

不動産売却における無料査定のよくあるトラブル

無料査定でよくあるトラブルのひとつは、不十分な市場分析です。
詳細な市場分析をおこなわず査定を実施してしまうと、売却価格が市場価値より低く設定されるほか、現実的でない高価格での売り出しに繋がります。
相場からかけ離れた査定額は、不動産会社が売主を騙そうとしているケースがほとんどです。
媒介契約を取るための行為で、契約後に大幅な価格交渉をされる可能性があります。
また、ご近所にバレて噂になるのも、不動産会社の無料査定でよくあるトラブルです。
査定の際には不動産会社の担当者が家まで訪問するため、周囲に売却が知られる可能性が高いでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産の買取と仲介はどう違う?それぞれのメリットとデメリットもご紹介!

不動産売却における無料査定のトラブルを回避する方法

トラブルを回避するためには、査定の根拠を担当者に尋ねることが重要です。
査定の根拠をきちんと説明できない不動産会社には、仲介の依頼をしないことをおすすめします。
可能な場合は、相場を事前に自分で調べることも大切です。
査定前にある程度の相場を知っておけば、不当な価格を付けられる心配もありません。
その他、売却を周囲に知られたくない場合は、あらかじめその旨を伝えておきましょう。
社名の付いていない車で訪問してくれるなど、配慮してもらえる可能性が高くなります。

▼この記事も読まれています
不動産を売却した際の譲渡所得の計算方法についてご紹介!

まとめ

不動産会社による査定は、無料でおこなわれるのが一般的です。
不十分な市場分析をされた場合、媒介契約後に大幅な価格交渉をされる可能性があります。
トラブルを未然に回避するためには、査定の根拠を尋ねたり市場相場を自分で調べたりすることが重要です。
志木市売買物件など不動産情報をお探しならLIXIL不動産ショップ MK不動産株式会社がサポートいたします。
不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。


前へ 「2025年に義務化される省エネ基準適合とは?2030年以降の動向も解説」

記事一覧

「中古住宅の狙い目は?築年数20年以上の物件を購入するポイントをご紹介!」 次へ